So-net無料ブログ作成

紫陽花 [ひとりごと]

先週の、ある日の夜、急に思い立って
鎌倉へ行って来ました。

紫陽花が見頃の週末前なので
人が多いだろうと思うから
行きたかった長谷寺の開門が8時なので
そのあたりの時間に着くよう、
家を5時半に出ました。

ほぼ予定通りの時刻に着くと
開門すぐなので人がまばら。
おトイレも空いてたし(笑)良かったです。

2016-06-09-8-35-15.jpg

こんな↑階段をあがって行きます。
右側が紫陽花の咲く面、左は崖面で、
手すりもありますが竹でできていて
なんだか怖い感じ(笑)

2016-06-09-8-36-47.jpg

屋根は休憩所です、レストランもあるようですが
開門スグだったのでまだ準備中でした。
竹林がありますが、そこから見上げて
竹越しの紫陽花もステキなんですよ。
写真撮るの忘れるほどウットリです。 

2016-06-09-8-39-03.jpg

紫陽花散策路の頂上?まで行けば
遠くに海も見えます、街も一望できます。
見晴らしがいいのは気持ちが良かったです。 

紫陽花は見頃の少し手前、
まだつぼみが多かったのだけど
自宅近辺では見ない品種もあって
キレイでした。

2016-06-09-8-45-06.jpg

2016-06-09-8-36-03.jpg

この紫陽花散策路にも、良縁地蔵様がいました。

2016-06-09-8-42-32.jpg

ふふー、かわいいでしょう、すごく好きなんです。
こんな可愛らしいお地蔵様、木彫でやってみたい。
そう思って3年、ぜんぜんダメなので
木彫教室とか通ったほうがいいんでしょうか(笑)

あ、そうそう。石に写経ができるコーナーがありました。
小石と筆、それから般若心経のプレートが置いてあり、
小石を選んでプレートに書かれた一文字を
筆で書き込みます。書いたらプレートをめくって
次の人のために用意してあげます。
わたしが書いたのは「有」でした。
無有恐怖・・・の、「有」。「むうくふ」と読みます。
意味は「恐怖あること無し。恐れること無い。」

こうみえてわりと心配性なので、ピッタリですね(^_^;)

書いた小石はお寺の基礎材として使います、とのこと。
1個100円で小石を選び一文字書かせてもらう。
これが未来永劫、お寺の礎となるだなんて!感動!
それから朝だったので、朝のお勤め?なのかお経も聞けました。
生の般若心経ですよ、とってもカッコ良かったです!!!
般若心経も大好きなので生で聞けて本当に感動でした。
あの時間に行けば聞けるんだな・・・次もあの時間がイイ。

そうして堪能して下りて来た頃は団体様がワイワイと到着されていて
入れ違いで長谷寺を後にしました。

少し歩いて大仏様の見学に、と思って向かったら、
今度は小学生の修学旅行団体にぶつかって
でものんびり一周りして・・・

長谷寺から少し江ノ電線路のほうに向かったところにある、
御霊神社へ行きました。
ここはトンネルから出てくる江ノ電が見られるそうで、
それが今なら紫陽花越しとかで
多くのカメラマンが来ていました。

トンネルから出てくるのは見られなかったけど
紫陽花越しには写せたので満足(*´∀`*)
2016-06-09-9-54-46.jpg

空はずっと曇っていて、暑くもなくちょうどよかったし
海まで足を伸ばしました。
砂浜を歩くのは気持いいなあ。
行きたい時に行きたいところに行けるのはしあわせだな。
時間もお金も身体的にも余裕があるってことだもね。
ありがたいですヽ(*´∀`*)ノ

 


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 7

コメント 4

タッチおじさん

本当に今の時期人人人で中々良い写真撮れませんね
可愛いお地蔵さんと紫陽花 それに江ノ電に紫陽花
シャターチャンス逃がさず見事でしね (^_-)♪-☆

by タッチおじさん (2016-06-23 08:29) 

ぽむ

☆タッチおじさん
 ふふーありがとうございます(*´∀`*)
 早起きしていって良かったです♪
by ぽむ (2016-06-24 11:40) 

ちゃーちゃん

こんばんは!!
ホントにお久し振りです・・・
何とか元気にしていますよ(^_-)-☆
凄く素敵な大好きな写真です・・・こんなに上手く撮影が出来たらなぁ...
と思います。
時々、思い出して訪問させて下さいね。
by ちゃーちゃん (2016-09-30 16:13) 

ぽむ

☆ちゃーちゃんさん
こんばんは♪お元気そうでなによりです(*^^*)
体調がいい時に、気分転換にでも
ここに遊びにいらしてくださいね、
わたしものんびり更新しています☆
by ぽむ (2016-10-04 22:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る