So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

きょうは [ひとりごと]

今日は、一番上の甥の誕生日です。22歳になりました。

春から会社に勤務することになっていて、
あの時の赤ん坊が社会人なのかと感慨深いです。
22年前の今朝、6時頃だったか時刻は曖昧だけど、
とにかく今朝、彼は生まれました。

前日、準夜勤(夕方から夜中までのシフト)から帰宅したら
姉が起きていて、具合が悪いわけでもなさそうで、
わたしを待っててくれたのかな?でも身重なのにって思いながら
軽く会話をしていたら、眠れなくて本を読んでいた、と。

その時、時刻は1時か2時頃だったように覚えています。
シャワーを浴びて2階へあがったら、階下の姉のいる部屋から
ガタゴトと物音が聞こえてきたんです。話し声もする。
どうしたのかと下りてみれば、つい今しがた破水した、と言うので
連絡済みの病院へ車を走らせました。夜中なので道路は空いているから
わりと余裕で到着。玄関の真横に車を置いて、
インターホンでナースにきてもらい個室へ通されてから数時間後、
空が白み始めたんだろうと思うけど多分その頃の時刻、分べん室へ行きました。

とても良いお天気だった、と母は話しているのだけど、
わたしはお天気やそこら辺はあまり覚えていない(笑)
ただ覚えてるのはダサダサのピンクのセーターに
ダボッとしたジーパン姿だったのは覚えていて、
すごいダサくて思い出しただけでめまいがしますよね(笑)
もっとファッションに気を遣えば良かったと思っても今さらです(笑)

分べん室に入って6時か8時ころ、泣き声が響いてきました。
初めての、甥という存在の子が生まれました。
小さくて赤くて元気よく泣いていて、起き上がれるようになった姉が
その子を抱いて初沐浴を行う様子をビデオに撮りながら
(わたしのアホ声も入っていて非常に不快なビデオで大変申しわけない(笑))
姉は、というか世の母親達ってすごいなと思ったのを覚えています。

その時の男の子が22歳です。初めての寝返りの時は家族みんなで応援していたし、
外出先でゴミ箱に吐き出された痰を触ろうとしたりもしたけど、
穏やかでパソコンやゲームに詳しい優しい子に育っていて、叔母は嬉しい限り。

たぶん、この子が結婚や父親になる日が来るたびに、
わたしはこの話を繰り返し口にしていくんだと思います。
「また同じこと言ってるよ〜」って笑われながら[わーい(嬉しい顔)]


LA LA LAND [映画・ドラマ]

昨日は、WOWOWで当たった、「ララランド」の試写会に行ってきた。

DSC_2104-e1485995538918-293x300.jpg 

電車で一本で行けるところにある会場で行きやすかった。

行き帰りの電車も空いてるのを選んでくれたから
もうそこからしてストレスが無かった。

会場に着くと、中に入るために長蛇の列。

試写会なんて初めてだからこんなもんなのかなと思いつつ
数十分待ってようやく受付を済ませたのだけど、
空いてる席が無い…!(笑)

一周してみたけど空いてない。

仕方ないから後ろの広いスペースに寄りかかっていたら
スタッフがやってきて、座ってくれないと上映ができない、と
融通の利かない事を言ってくる。
だけど、座れないのだから立っているしかあるまい。
結局満席となったため、10数人が立ち見となった。
招待なのに席がなく満席とはどういうことなのか。意味がわからないよ(笑)

上映が始まる頃にはパイプ椅子をもらえたから、
一番後ろの広いところで観ることができた。隣人とくっつくストレスが全く無く、
画面正面でゆったり観られたからラッキーだった。

やっぱり運がいい。ツイてる。



映画自体は、おもしろかった。楽しくて非現実的でステキで、
でもちょっぴり切なくて、いい。
ミュージカルがもともと嫌いではないのと、ラブストーリーなんだけど
王道のそれではない切ない仕上がりなのとで、これは好み。
明るい歌ではじまって、この調子で最後までいくのかと思いきや、
後半(舞台にしたら第二幕的な)はバラードと映像で魅せる。
風景がきれいだし、ちょいちょい出てくるJAZZも心地いい。
一緒に行った夫は、あの終わり方は無い、と納得しておらず、
一晩経った今朝(2日朝)もまだ言っていた(笑)
わたしはミュージカル映画で明るい気持ちになれて、
それがラブストーリーで好みのJAZZと切なさがあったから満足だ。

それからこのミュージカルな感じは、舞台向きだなあって思いながら観てた。
そのうちブロードウェイで公演はじまるのかな(*^^*)

 


5日 [ひとりごと]

今日は朝から風が強かった。

というか昨夜から強かったり弱まったりしていたのだけど。風が強いから空には雲ひとつなく、月齢7の月が、まだ固く小さな蕾をたくさんつけた桜の木越しに見えていた。

月齢7なので月面Xが見られるかな、と思ったけど月が沈む前に見上げるのを忘れてしまった(笑)

その月を、航空機がたまに横切るタイミングがあって、たまたま見上げたら割と低空で飛ぶ飛行機が月と重なって飛んでいた。ああいう良いタイミングで写真が撮れたらなあと悔しかった。

 

昨日、実家でもらってきた父が栽培した長ネギと人参、豚バラ肉を使って、母がよく作る蕎麦汁を作った。厚めの斜め切りにした長ネギと、同じく太めの拍子切りにした人参を炒めてから水を足して煮込み、それぞれが柔らなくなった頃に豚バラ肉としょうゆを加えて更に煮込む。

とても簡単なものなのだけど、毎回味が変わる…。目分量で作るからだ(笑)今回は少ししょうゆが多すぎたか、塩気が強い。色味はいいのだけど(母の作るそれと同じような見た目)、味がなかなかあのようにはいかない。何が違うんだろう(笑)

父の作る長ネギはとても太くて食べごたえがある。人参くらい太い。その人参は大根かと思うくらい太く、緑の部分ももらってきた。切ってしまうとネギのニオイが車中に充満して大変なことになるからなんだけど、そしてスーパーで買う長ネギは緑の部分を切り落とされているからこういう機会じゃないと緑の部分が食べられない(笑)緑の部分は固いんだけど、畑から抜いたばかりだから新鮮だしシナっていないし、美味しい。ここにあるヌルヌルしたもの、これが体の免疫を高めてくれるのに役立つそうなので使い切れる、嬉しい。

蕎麦汁をつくる場合、市販のネギを使う時はだいたい一本使い切るのだが、そういうわけで父の長ネギは太いため半分で足りた。残りは明日以降の味噌汁用に…とも思ったが、たまたま見かけた味噌おにぎりという文字。これに触発されて、明日の朝用に、とネギ味噌を仕込んだ。みりんと三温糖の甘みを効かせたところにかつお削り節をたっぷり加えた。コレを一晩寝かせる。明日の朝にはいい味になっているはずで、白いおにぎりにこれを塗ってグリルで焼いてみよう。ご飯には白ゴマも混ぜたらいいかしら。

 


前の3件 | -
メッセージを送る